しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

喪中はがきを出していない人から喪中に年賀状が届いたら返信はどうする?

喪中はがきを出していない人から喪中に年賀状が届いたら返信はどうする?

 

喪中に年賀欠礼の意味で出す喪中はがき
この喪中はがきは、毎年のように年賀状をやり取りしている人に「喪中につき年始の挨拶を遠慮します」という意味で出すものです。

なので、長い間年賀状をやり取りしていなかった人に喪中はがきを出していなかったために、年賀状をいただいてしまうということもあるんですよね。
相手の人はこちらが喪中だとは知らないわけですから、年賀状の返信が届くのを待っているはず・・・

今回は、喪中はがきを出していない人から喪中に年賀状が届いたら、いつ、どのように返信すればいいのかについてまとめてみたいと思います。

 

 

喪中のときの年賀状への返信は寒中見舞いで

こういう場合は、「寒中見舞い」として返信を出すようにします。

年賀状の返信と言っても、あくまでこちらは喪中なわけですから、「年賀」「おめでとう」「お慶び」などの言葉は使いません。

返信に使うはがきは年賀はがきでも喪中はがきでもなく、寒中見舞いはがきを使うようにします。
郵便局で販売されている寒中見舞いはがきのデザインを見ると、スタンダードなものからカジュアルなものまでいろいろそろっていますね。

>>郵便局の喪中はがき・寒中見舞いはがき

寒中見舞いはどんなときに出すもの?

寒中見舞いというのは、厳しい寒さでの暮らしを励まし、相手の体を気遣うというのが本来の目的。
ですが、今では年賀状の返信として送られることが多くなっていますよね。

寒中見舞いは、年賀状をいただいたお礼と喪中のために年賀欠礼を伝える挨拶状として使われ、以下のような場合に使われます。

  • 年末に不幸があったりして喪中はがきの準備ができなかった場合
  • 喪中はがきを出していない人から年賀状をもらった場合

最近では寒中見舞いとは言っても、喪中のときにいただいた年賀状の返信として利用されることがほとんど。
ですが、寒中見舞いのもともとの意味を考えると、年賀状が遅れた理由よりも風邪などをひかないようにと相手を思いやる気持ちをメインに書きたいものです。

 

 

寒中見舞いを出す期間はいつからいつまで?

寒中見舞いは、元日から1月7日までの松の内を過ぎてから2月4日頃の立春の日までに相手に届くようにします。
寒の入りである1月5日頃から2月3日の節分まで投函するようにすれば、期間内に年賀状の返信ができることになります。

ですが、喪中はがきを出していない人から年賀状が届いたという場合には、相手の人はこちらが喪中だとは知らないわけなので、なるべく早く返信を出したいもの。
できれば松の内が過ぎてからすぐに相手が寒中見舞いを受け取るようにしたいので、近場の場合は1月6日過ぎ、遠方の場合は1月5日過ぎに投函するのを目安にするといいのではないかと思います。

 

喪中のときの寒中見舞いの書き方は?

年賀状の返信としての寒中見舞いの書き方としては、まず「寒中お見舞い申し上げます」と冒頭に書いてから、年賀状をいただいたお礼を述べます。

それから、「昨年〇月〇日、〇〇が百歳で長寿をまっとうしました」というように誰の喪中であるのか故人を明らかにした上で、喪中であったことを伝えます。

続いて相手に喪中であることを知らせなかった不手際を「年始の挨拶を遠慮させていただくつもりでしたが喪中の挨拶が間に合わず失礼いたしました」などとお詫びします。

最後に「今年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます」というように、今後のお付き合いを願う一文を添えます。

 

まとめ

喪中のときは年賀はがきでの返信はできませんが、寒中見舞いはがきを使ってなるべく早く返信するようにします。
1月5日、6日頃を目安に投函し、1月7日過ぎに届くように調整するのがちょうどいいかもしれませんね。

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top