しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

喪中はがきを出す時期はいつまで?年賀状の喪中欠礼が間に合わなかったらどうする?

喪中はがきを出す時期はいつまで?年賀状の喪中欠礼が間に合わなかったらどうする?

 

身内に不幸があったことを伝えて年賀状の喪中欠礼を知らせるための喪中はがき
喪中はがきを出すことで、年賀状をやり取りしている人に「年始の挨拶を遠慮させてもらう」ということを伝えることができます。

喪中はがきを出さないと、喪に服していることを知らない人から年賀状をもらうことになってしまったり、その返信として寒中見舞いを送らなければならなくなったり、いろいろと気苦労をすることにも・・・

喪中はがきは年賀状の喪中欠礼でもあることから、出す時期は年末が一般的ですが、具体的な時期はいつまでなのでしょう?
また、年末に不幸があったなどの理由で年賀状の喪中欠礼が間に合わない場合にはどうしたらいいのでしょう?

今回は、喪中はがきを出す時期喪中欠礼が間に合わない場合の対処法についてお伝えします。

 

 

喪中はがきを出すときに注意したいポイント

喪中はがきは相手が年賀状を書き始める前に届くようにしたいもの。
相手が年賀状を書いてしまった後に喪中はがきが届いてしまうならまだしも、相手が年賀状を投函してしまった後に喪中はがきが届いてしまったら相手にいらぬ気苦労をさせてしまうことにもなりかねません。

身内の不幸で正直言うとマナーなどどうでも良くなってしまいますが、こういうときにこそ人柄が表れてしまうもの。
相手が年賀状を出す時期ギリギリに喪中はがきを出すよりは、前もって相手に伝えておくという気遣いができると、人としての評価が上がるのではないでしょうか。

大きな悲しみの中で喪中はがきを作って出すということ自体、とても辛い作業ではありますが、喪中はがきを出さなかったために相手に気を遣わせることになってしまったり、寒中見舞いを出さなければならなくなったりするよりはまだ許せる作業なのかもしれませんね。

 

 

喪中はがきを出す時期はいつまで?

喪中はがきは相手が年賀状を出す前、できれば年賀状を書く前、もっと言えば年賀はがきを準備する前に相手のもとへ到着しているのが望ましいです。

通常、年賀はがきは10月末に発売されるので、早い人だと毎年のように年賀状をやり取りしている人の分についてはもう準備し始める場合もあるかもしれません。
ですが、年賀状を準備する側もこの時期にはまだ年賀状を出す人数がハッキリしていなかったり、年賀状の準備にはまだ早いと考える人のほうが多かったりするので、それほど急いで喪中はがきを出さなければならない時期ではありません。

あまりに早い時期に喪中はがきを出してしまうと、相手が年賀状を出す時期になってから喪中はがきをもらったこと自体忘れてしまう可能性もあります。

年賀状の喪中欠礼を差し出す日付は、一般的に「平成〇年十二月」と記すのが慣習になっているので、11月の末頃を目安に投函するのがいいでしょう。

 

年賀状の喪中欠礼が間に合わなかったら?

喪中はがきを出す時期は11月末頃が目安だとは言っても、12月も半ばを過ぎた年末に不幸があったなどの理由で、年賀状の喪中欠礼が間に合わない場合も考えられます。

このような場合には、慌てて喪中はがきを出す必要はありません。
喪中はがきを出さなかったとしても、寒中見舞いとして1月中にその旨をお詫びすれば失礼にあたることはありません。

寒中見舞いには年賀状をいただいたことへのお礼の言葉の後に喪中であることを続けて、年賀状の喪中欠礼が間に合わなかったことをお詫びする言葉を書くようにします。
最後に今後のお付き合いを望む一言で締めくくるようにすれば、何ら問題ありません。

 

喪中であるにもかかわらずいろいろやるべきことや考えるべきことがあるのは大変ですが、最低限の大人のマナーとして身につけておくといいですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top