しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

年賀状を出し忘れた人への返信にはこんな文例がおすすめ!

年賀状を出し忘れた人への返信にはこんな文例がおすすめ!

 

年賀状をうっかり出し忘れてしまったり、出そうとは思わなかった人から年賀状が届いてしまった場合、新年早々「あー、やっちゃったー・・・」と何とも言えない気分になってしまいますよね。

今回は、年賀状を出し忘れた人へ返信を出すときに注意すべきポイントおすすめの文例をお伝えします。

 

 

年賀状の返信を書くときの注意ポイント

「あ!この人に年賀状出してなかった~!」
こんなときには、何はなくともすぐに返信を出すことが大切。

いただいた年賀状への返信なので、印刷されただけの状態ではなく、できれば手書きで一言添えてから出すのが礼儀というもの。
通常の年賀状に書くような内容だけではなく、年賀状を出し遅れてしまったことに対するお詫びや理由も添えるのが年賀状が遅くなってしまったことに対する相手への心遣いです。
とは言え、あまりにも言い訳がましくなってしまうと逆効果なので、さらりと簡潔に書いたほうが悪目立ちしません。

また、遅れた理由については友人や同僚に書いても、上司など目上の人に対しては失礼にあたるので書かないようにします。

あくまで返信なので、いただいた年賀状の内容について一言添えるのが自然な流れ。
相手の年賀状に対する好感のもてる返信ができると素敵ですね。

文の最後に書く日付については、「元旦」とは書かずに年賀状を出した日付にするようにします。

 

 

年賀状の返信におすすめの文例

年賀状は基本的に縦書きで書くのが正式なマナーです。
必要に応じて以下の文例を縦書きにしてくださいね。

 

文例基本の文例

謹んで初春のお慶びを申し上げます

ご丁寧なお年賀をいただきありがとうございました
年末年始は故郷で迎えましたため失礼いたしました
遅ればせながら本年も親しいおつきあいを
よろしくお願い申し上げます

平成〇年〇月〇日
名前
住所

 

文例応用の文例

謹賀新年

①ご丁寧な賀状をいただきまして
誠にありがとうございます

皆様にはますますご清祥の由
心よりお慶び申し上げます

②遅ればせながら本年も変わらぬご指導のほど
よろしくお願い申し上げます

平成〇年〇月〇日
名前
住所

 

応用の文例の①、②は、以下のように他の言い回しに書き換えることができます。

文例①の書き換え文例

  • 早々に年頭のご祝詞をいただき誠にありがとうございました
  • おはやばやとご賀状を頂戴し厚く御礼申し上げます
  • 早々にご丁重な賀状を賜り恐縮の至りに存じます

文例②の書き換え文例

  • 昨年に頂戴しましたご助言を力にいっそう堅実な努力をする所存です
    ご一家の変わらぬご多幸をお祈り申し上げます
  • 本年も気持ちを新たに仕事に取り組んでいく所存ですので
    ご指導のほどよろしくお願い申し上げます

 

以上、ぜひ参考にどうぞ。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top