しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

松の内の期間はいつまで?7日?15日?結局どっち?

松の内の期間はいつまで?7日?15日?結局どっち?

 

年が明けてお正月気分もそろそろ終わりに近くなった頃、毎年分からなくなってしまうのが松の内の期間はいつまでかということ。

年始の挨拶回りやお正月飾りの片付けなど、何かにつけて「松の内まで」と言われていますが、松の内とはいつからいつまでの期間を指しているのかいまいちハッキリせず、いつもあやふやになってしまうんですよね。
というのも、松の内は7日までだとする意見もあれば、15日までとする意見もあるからなんです。

そこで今回は、分かりづらい松の内の期間について、調べたことをまとめてみたいと思います。

 

 

そもそも「松の内」とは?

お正月の節目としてよく言われる「松の内まで」という表現。
この「松の内」とは、一体何のことなんでしょう?

まず、「松」というのは、お正月飾りとしてお正月の間飾っておく「門松」のことを指します。
つまり、「松の内」というのは、門松やしめ飾りなどのお正月飾りを飾っておく期間という意味。
お正月飾りは松の内まで」と言われるのはこのためなんです。

松の内が過ぎればお正月飾りを片付け、年始の挨拶回りも終わりとなります。

 

松の内の始まりはいつから?

松の内の始まりは12月13日で、この日が過ぎればいつからお正月飾りを飾っても問題ありませんが、現在ではクリスマスを過ぎてから飾るのが一般的になっています。
松の内の始まりからお正月飾りを出してしまうと、クリスマスの時期にクリスマス飾りと一緒くたになってしまうので、雰囲気を損ねたり景観が悪くなってしまうからですね。

毎年、クリスマスが過ぎると一気に街の雰囲気が変わるので、お店の人は衣替えが大変だな~といつも感心してしまいます。

 

松の内の終わりはいつまで?

松の内の終わりは地域によって違います。
一般的には1月7日までとされていますが、これは関東の話で、関西では1月15日までとされているんですね。

  • 関東⇒1月7日まで
  • 関西⇒1月15日まで

関東をはじめとする地域では、1月7日に七草粥を食べて、その日のうちに門松やしめ飾りなどのお正月飾りを片付けるのが慣習となっていますが、関西のほうでは1月15日までお正月飾りを飾っている地域が多いようです。

二十日正月を祝う地域では、20日までを正月とし、20日以降にお正月飾りを片付けるところもあるとか。

松の内の期間がいつまでか分からない場合は、近くの神社に問い合わせるとハッキリ教えてくれますよ。

⇒全国の主な神社はこちら

 

 

ちなみに鏡開きはいつ?

門松やしめ飾りなどのお正月飾りは、それぞれの地域の松の内が過ぎたら片付けますが、鏡餅を下げる日にちは松の内とはまた別の話になります。
鏡餅を下げてこれを食べる鏡開きは、一般的には1月11日、関西の一部の地域では1月15日とされています。

「鏡餅もお正月飾りじゃないの?」と混同してしまいますが、門松やしめ飾りが歳神様をお迎えするための目印になるのに対して、鏡餅は歳神様にお供えする食べ物になるので別物なんですね。
ややこしいですがごちゃまぜにならないように気を付けたいところです。

 

地域によって松の内の期間に違いがあるのはなぜ?

同じ日本という国なのに、松の内がいつまでか地域によって違いがあるのはどうしてなのでしょう?
その理由は江戸時代にまでさかのぼります。

もともと、松の内は1月15日まで鏡開きは1月20日に行うという全国的に統一された決まりがありました。
ですが、徳川家光が4月20日になくなってから、20日という日にちが忌日となったため、鏡開きを行う1月20日も忌日として避けられるようになりました。

こうして鏡開きの日にちが1月11日に変更されたのですが、この変更が正確に伝わったのは徳川幕府のある関東中心のみ。
日にちの変更が正確に伝わらなかった関西のほうでは、松の内の終わりと同じく1月15日に鏡開きを行うようになったということです。

まとめると、もともと全国的には松の内(15日まで)が過ぎた後に行っていた鏡開き(20日)が、松の内の期間内(15日まで)に鏡開き(11日)に行うように変更されたというわけですね。

変更前

  • 松の内⇒1月15日まで
  • 鏡開き⇒1月20日

変更後

  • 松の内⇒1月15日まで
  • 鏡開き⇒1月11日

 

鏡開きの日にちが変更された後、鏡開きを行った後にもお正月飾りを飾っておくのはおかしいという理由から、「15日まで」だった松の内の期間が「7日まで」に変更されたということです。

 

 

松の内の期間はいつまでかを調べてみましたが、地域によって違うことや江戸時代の忌日のために日にちが変更されたことなどが分かりました。
お正月飾りを片付ける日にちと鏡開きを行う日にちも違うのでなかなか覚えにくいですが、ちょっとした雑学として覚えておくと毎年同じことで困ることがなくなるかもしれませんね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top