しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

スパゲッティとパスタの違いは?本場のイタリアンシェフに聞いてみた

スパゲッティとパスタの違いは?本場のイタリアンシェフに聞いてみた

 

「今日はミートソーススパゲッティにしようか」との提案に、息子が素朴な疑問をポツリ。
「ねぇ、お母さん。スパゲッティとパスタって同じなの?それとも違うの?

確かに、これはわたしも前々から疑問に思っていたことですが、
どっちか知ったところで別にどうも・・・という感じでとくに調べてみようとは思っていなかったんですね。

「多分、スパゲッティは長くてパスタは短いんだよ」と適当に答えてしまった後、
「いや、まてよ・・・長いのもパスタっていうよね(汗)」と答えに詰まり・・・
結局、回答もうやむやになってしまったので、これもいい機会だと思って調べてみることにしました。

 

 

まずはイタリアンシェフに突撃取材!

ちょうど、知り合いに本場のイタリアンシェフがいるので、単刀直入に聞いてみることに。
と言っても電話なので、簡単な答えしかもらえませんでしたが、回答としては十分すぎるくらいなのでお伝えしますね。

イタリアンシェフによると、「スパゲッティはパスタの仲間だよ」ということでした。
なるほど、スパゲッティはパスタという大きなカテゴリーの中のひとつだということのようです。
つまり、パスタにはスパゲッティのほかにもいくつか種類があるということですよね。

では、どうして日本ではスパゲッティという呼び方だけが浸透しているのでしょうか?
他にも種類があるはずなのに、あまり知られていませんよね。
そのあたりをもっと掘り下げて調べてみます。

 

スパゲッティはパスタの中の1種類にすぎない

イタリアンシェフからも回答があったように、スパゲッティはパスタの中の1種類の名前です。
日本人は米からできるごはんを主食としていますが、イタリア人の主食は小麦からできるパスタ。
パスタとは、小麦粉をペースト状に練った生地やそれを使った料理のことで、スパゲッティはパスタの中でも生地を細長くしたものを指します。

 

スパゲッティの語源は?

スパゲッティという名前の語源は、「スパーゴ」というイタリア語で「ひも」という意味になります。
おそらく、パスタの生地をひものように細長くしたことからついた名前なんでしょうね。

実はスパゲッティのように長いパスタは他にもまだまだ種類があるのですが、わたしたちがよく知っているスパゲッティは、パスタの中でも長い麺の代表にあたるそうです。

 

日本でスパゲッティが浸透したのはなぜ?

長いパスタはスパゲッティの他にもあるはずなのに、日本ではなぜスパゲッティという名前だけが浸透したのでしょう?
この理由を探るためには、日本におけるスパゲッティの歴史を知る必要がありそうです。

 

 

スパゲッティはいつ日本に入ってきた?

スパゲッティが日本に入ってきたのは、いつごろなのでしょうか?

日本のレストランにはじめてパスタが登場したのは、明治28(1895)年のこと。
東京・新橋のレストランのシェフが、イタリアで食べたスパゲッティを気に入り、日本に持ち帰って店のメニューに加えたことが始まりです。

スパゲッティのことが書かれた一番古い文献は、明治36年に出版された村井弦斎の『食道楽』で、マカロニの料理法が記されています。
この文献によると、明治41年にはマカロニが輸入されていたとのこと。
当時はスパゲッティという呼び方ではなく、マカロニという呼び方だったんですね。

 

日本でパスタが初めて作られたのはいつ?

大正時代になると、新潟県の石附吉治という人がマカロニの作り方を研究し、日本で第1号のパスタが誕生します。
その後、昭和に入ってから少しずつマカロニを作る会社が増えていきますが、会社自体はまだまだ小規模でマカロニも高級品でした。

それから第1号のスパゲッティが誕生したのは昭和30年。
1960年代に入ると、学校給食に登場したスパゲッティはすぐに子どもたちの人気メニューになったそうです。

当時は、パスタという名前がまだ浸透しておらず、短いパスタも長いパスタもマカロニと呼ばれていました。

  • 短いパスタ=ショートマカロニ
  • 長いパスタ=ロングマカロニ

というように、マカロニが短いか長いかという呼び方だったんですね。

この頃、食堂や喫茶店ではおなじみの「スパゲッティナポリタン」が登場します。
これは知っている方も多いと思いますが、スパゲッティをトマトケチャップで炒めた料理はイタリアには存在しません
日本に駐留していたアメリカ兵がパスタにトマトケチャップで味付けをしていたことから、日本人にも知れ渡るようになったということです。

ちなみに、フランスで「ナポリタン」と言うと、トマトソースを使った料理のことを指すんだそう。
「スパゲッティナポリタン」は完全に日本原産の料理だということです。

 

ショートパスタかロングパスタか

パスタには大きく分けて短い麺と長い麺があります。
それぞれ、ショートパスタロングパスタと呼ばれていますが、スパゲッティはもちろんロングパスタの方に分類されます。

ひと口にロングパスタと言っても、その太さや幅はいろいろ。
麺の太さや形によって、いろいろな名前がついているんです。

日本では、細長いロングパスタのことはすべてスパゲッティと呼んでいますが、実はこんなに呼び方があるんですよ~。

 

ロングパスタの分類

  • スパゲットーニ 直径2.5mm前後
  • スパゲッティ 直径1.8mm前後
  • スパゲッティーニ 直径1.6mm前後
  • フェデリーニ 直径1・2mm前後
  • ヴェルミチェッリ 直径1~1.2mm
  • カッペリーニ 直径0.9mm前後
  • カッペリーニ ダンジェロ カッペリーニより細い
  • ブカティーニ(管状のもの) 直径2.2mm前後

日本でスパゲッティと言ったら、上記のロングパスタをまとめた総称になりますが、イタリアでは直径1.8mm前後のロングパスタのことを指します。

ちなみに、マカロニを代表とするショートパスタのほうも形によっていろいろな名前があるんですよ。

 

まとめ

ここで、「スパゲッティとパスタの違いは?」という本題に戻りますが、スパゲッティはパスタの中の1種類ということが分かりました。
パスタには麺の短いショートパスタと麺の長いロングパスタがあって、日本ではロングパスタをまとめてスパゲッティと呼んでいるということなんですね。

最近、スパゲッティという呼び方よりもパスタという呼び方のほうが多くなってきているのは、パスタには麺の太さや形によっていろいろな名前があることを考慮してのことだったようです。
これからはますますパスタという呼び方のほうがメインになってくるかもしれませんね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top