しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

コストコのミニカットステーキ口コミ!ソース次第でアレンジ自在!お弁当にも!

コストコと言えばお肉!
ですが、コストコで販売されているお肉は、どれも大容量なので、冷凍庫のスペースが限られている一般家庭ではなかなか手が出せないもの・・・
100gあたりの値段はとてもお買い得なのに、その容量の多さのため、やむなく購入を断念したということが多々ありました。
小分けにして冷凍する作業も、面倒くさがりなわたしにとっては大変苦痛な作業。
もっと手軽に使いたい分だけ調理できるお肉があったらな~と思っていたんです。

コストコでお肉を買う場合、お肉売り場だけを見て終わりにしてしまっている人も結構多いのでは?
実は、冷凍食品がずらーっと並んでいる冷凍庫の中に、こんなお肉があったんです!

コストコ ミニカットステーキ

ミニカットステーキ(使いやすいカットタイプ)1㎏ ¥1,198

薄くスライスした肉を成型し、柔らかくジューシーに仕上げたミニカットステーキです。
使いやすくカットされているというのが、わたしが目をつけたポイント!
しかも、牛肉なのに100gあたり約120円という安さにも惹かれました。

 

コストコのミニカットステーキってどんなお肉?

ブロック肉をカットしたものではなく、成型肉ということで、イメージ的にはサイコロステーキのようなお肉でしょうか。
どんなお肉を成型したのか、原材料が気になりますよね。

コストコ ミニカットステーキ

パッケージ裏の原材料名を見ると、

  • 牛肉(オーストラリア)
  • 牛脂(北海道)

とありますね。
オーストラリア産の牛肉に北海道産の牛脂を混ぜ、砂糖や食塩、しょうゆなどの調味料で加工処理された成型肉になっているようです。
ちなみに加工処理は、北海道のニチロ畜産(株)十勝工場にて。

 

では早速、中身を見てみましょう!
パッケージにジッパーが付いているのはうれしいですね。

コストコ ミニカットステーキ

成型された冷凍肉なので、少しでも解凍が進んでしまうと一切れ一切れがくっついてしまい、肉団子状態になってしまうので注意!
無理にはがそうとすると崩れてしまいます。
なので、こちらのミニカットステーキは解凍厳禁
パッケージにも、“冷凍のまま焼く”と書かれています。

ミニカットステーキの形は、厚さ1㎝、縦2㎝、横5㎝ の薄い直方体。
重さを計ってみると、一切れあたり10gでした。
こちらのミニカットステーキは1㎏入りなので、単純計算すると100切れ入っているということですよね。

コストコ ミニカットステーキ

 

コストコのミニカットステーキを焼いてみた!

コストコのミニカットステーキがどんなお肉か分かったところで、実際に焼いてみることにしましょう!

調理方法はいたって簡単。
凍った状態のまま、焼くだけです。
以下、パッケージの“お召し上がり方”抜粋になります。

冷凍のまま中火で、フライパンに油をひかず、3~4分焼いてください。
お好みにより、塩、コショウまたは焼肉のたれなどでお召し上がりください。

ここで大事なポイントは、“油をひかず”というところ。
ミニカットステーキを焼いているところの写真を見たら、納得しますよ~!

 

スポンサーリンク

 

それでは、焼いていきます!

まず、フライパンにミニカットステーキを並べます。
うちのフライパンは加工がはげてしまって焦げやすくなってきたので、クッキングシートを敷いています。

コストコ ミニカットステーキ

コストコのミニカットステーキのいいところは、この形状。
サイコロステーキのように厚みがないので、6面コロコロ転がさなくていいですし、本当に3~4分程度で焼けてしまいます。
およそ2分ほどで、お肉の周りがいい感じに焼けてきました。

コストコ ミニカットステーキ

ひっくり返してみると、なんだかとっても美味しそうなステーキ肉に見えてきました!

コストコ ミニカットステーキ

でも、ここで見てもらいたいのが、ミニカットステーキから湧き出る油の量!
これでもか!というほど、尋常じゃないほどの油が出てきます。
これが、北海道産の牛脂の力なんでしょうか??
先ほどの調理方法の話に戻りますが、“油をひかず”という文言に納得ですよね!

 

コストコのミニカットステーキを食べてみた!

コストコのミニカットステーキは、パッケージ裏の“お召し上がり方”にもあるように、塩コショウはもちろん、焼肉のたれがぴったり合います。
わたしは今回、こちらの玉ねぎ酢をかけていただくことにしました。

コストコ ミニカットステーキ

食べてみると、ステーキのような噛み応えのある食感ではなく、厚みのある柔らかお肉という印象。
ミニカットステーキという商品名なので、カットされたステーキ肉を想像してしまいがちですが、食感はまるで違います。
ステーキそのものを求めている人には、物足りない食感だと思います。

ですが、味はしっかり牛肉で、かと言って牛肉特有の臭みはなく、どんどんご飯が進む美味しさ!
普段、ステーキが噛み切れず、食べられない5歳の次男も、パクパクもりもり食べていました。
おそらく、家族一食べたのではないでしょうか。

 

まとめ

コストコのミニカットステーキは、大きさ的もの形的にも調理がしやすく、調味料やソース次第でアレンジが自由自在。
お弁当にもぴったりのサイズ感なのも便利ですよね!
思いがけず子どもたちに大好評だったので、コストコに行ったらまたリピート買いしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

Return Top