しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

苦い!まずい!子供が苦手な漢方薬、上手な飲ませ方おすすめ3パターン

苦い!まずい!子供が苦手な漢方薬、上手な飲ませ方おすすめ3パターン

穏やかな効き目で体の調子を整えてくれる漢方薬
風邪の症状などで子供を小児科に連れて行くと、抗生物質と一緒に漢方薬が処方されることがありますよね。
漢方薬は体質を根本から改善してくれるので、できれば子供にしっかり飲んでもらいたいのですが、シロップの薬や甘い粉薬と違って、苦みがあったり生薬特有の味があったりするので、嫌がって飲んでくれないことも・・・

子供が苦手な漢方薬を上手に飲ませる方法があったら、ぜひとも知っておきたい!ということで、今回は、苦くてまずい漢方薬を子供にスムーズに飲んでもらう上手な飲ませ方を徹底調査!
3パターンの飲み方で、子供に漢方薬を好きになってもらいましょう!

 

 

漢方薬の上手な飲ませ方①漢方薬をココアに溶かして服用する

カップに漢方薬とココアを適量入れ、お湯を加えて溶かします。
ココアのほろ苦い甘みが漢方薬の苦みをごまかしてくれますよ。

 

漢方薬の上手な飲ませ方②漢方薬をリンゴジュースに溶かして服用する

カップに漢方薬を入れ、少量のお湯または水で溶かします。
このとき、漢方薬の形状によって、お湯と水を使い分けることがポイント。

  • 東洋やコタローなどの粉タイプ⇒水
  • ツムラなどの顆粒タイプ⇒70℃以上のお湯

溶かしたものに、100%リンゴジュースを加えます。
氷を入れるとより一層飲みやすくなるので、ぜひ試してみてください。

 

 

漢方薬の上手な飲ませ方③漢方薬をヨーグルトと一緒に服用する

ヨーグルトをお皿に盛り、漢方薬をふりかけます。
漢方薬の上にジャムをのせ、そのまま食べさせます。

このとき注意しなければいけないのは、ヨーグルトと漢方薬、それから上にのせたジャムを混ぜないようにすること。
うっかり混ぜてしまうと、漢方薬独特の味が出てしまうので気をつけましょう。

 

以上、子供が苦手な漢方薬の上手な飲ませ方3パターンでした!
それでもまだ飲めないようであれば、すぐに医師や薬剤師に相談するようにしてくださいね。

 

 

Return Top