しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

白髪染めのトリートメントは染まらない?効果的な使い方とおすすめ商品

白髪染めのトリートメントは染まらない?効果的な使い方とおすすめ商品

 

いつものシャンプーの後にトリートメントとして使うことで白髪を染めてくれる効果があるという、ヘアカラートリートメント
市販の白髪染めのように面倒な準備をすることがないうえ、白髪を染めている間の待ち時間も短くて済むという、忙しい人にとって画期的な商品ですよね。
ですが、お手軽ゆえに「期待したほど白髪が染まらない・・・」という口コミレビューもちらほら。

白髪染めのトリートメントは白髪を染めるのにどれほどの効果があるのでしょう?
白髪染めトリートメントならではの効果的な使い方とおすすめ商品をご紹介します!

出典:『LDK (エル・ディー・ケー) 2017年12月号』

 

白髪染めのトリートメントってどんなもの?

まず初めに、白髪染めのトリートメントと市販の白髪染めの違いについて見ていきたいと思います。

市販の白髪染めは、髪の毛の表面にあるキューティクルを薬剤で開き、髪の毛の内部に色素を入れていきます。

白髪染め

  • メリット:髪の毛の内部まで色が定着する
  • デメリット:髪が傷みやすくなる

 

一方、白髪染めのトリートメントは、キューティクルを開かずに髪の毛の表面に色素を乗せるもの。
毎日繰り返して使用することで、少しずつ髪の毛に色が重ねられていきます。

白髪染め カラートリートメント

  • メリット:髪の毛が傷みにくい
  • デメリット:使い続けないと元に戻ってしまう

 

白髪染めのトリートメントは、白髪を染めるという点では発色が弱いので効果に疑問をもつ人がいるのかもしれませんね。
ですが、トリートメントというだけあって髪の毛や頭皮に優しい処方なので、白髪染めによるダメージが気になる人にはおすすめのアイテムでしょう。

 

白髪染めトリートメントの効果的な使い方は?

白髪染めのトリートメントで白髪を染まりやすくするためには、いくつかポイントがあります。
ひとつひとつ見ていきますね。

①丁寧にシャンプーをする

髪の毛に整髪料などが付着していると色素が定着しにくくなり、色ムラの原因にもなるので、シャンプーは丁寧に行うことがポイントです。

②シャンプー後にタオルドライする

シャンプーで髪の毛を清潔にしたら、タオルで軽く水けをふき取ります。
タオルドライを行うことで色素の定着度がアップします。

③手でもみこむようになじませる

白髪染めトリートメントを髪の毛になじませるときは、髪の毛をくしゃくしゃと手でもみこむようにするとより色ムラがなくなります。

④他のトリートメントを併用しない

他のトリートメントを重ねて使ってしまうと、成分によっては色落ちの原因となってしまう場合があります。
もし、併用したい場合は、目立たない部分で試してから使うようにしましょう。

⑤使い始めは3日連続で使用する

白髪染めのトリートメントは、色に色を重ねることで発色が良くなっていきます。
最初は白髪の染まり具合が悪くても、続けて使用することでしっかりと発色するようになります。

⑥できれば毎日使用する

白髪染めのトリートメントにはトリートメント成分が配合されているので、毎日の使用も問題ありません。
むしろ、毎日使用することで白髪が気にならなくなっていきます。

 

白髪染めトリートメント、おすすめ商品はこれ!

髪の悩み、ヘアケアならこちら!というほど有名なアートネイチャーから販売されているラボモスカルプアロマ
こちらは2分に1本売れているという、白髪染めトリートメントの中で売れ筋の商品です。
色は若干黄色がかった色味で日本人の肌にぴったり!
待ち時間がたったの3分という短さなのに、髪にしっかりとツヤが出て使い続けるごとに発色が良くなっていきます。
ツンとする匂いや刺激性のある成分“ジアミン”が配合されていないのも優秀ですね。


⇒白髪染め効果を詳しく見てみる

白髪染めのトリートメントは、美容院で白髪染めをするまでのつなぎのケアとして使うこともできるので、白髪染めの回数がぐっと減り、それによって髪の負担も金銭的な負担も減ります。
一度の使用では思ったように白髪が染まらないかもしれませんが、2回3回と重ねて使用することで確実に色素が定着していきますよ。
これで白髪の悩みからも白髪染めによる髪のダメージの悩みからも解放されますね!

 

Return Top