しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

白髪の原因はストレス?一晩で一気に白髪になることはある?

白髪の原因はストレス?一晩で一気に白髪になることはある?

 

早い人だと30代から増え始める白髪
10代や20代でも、“若白髪”といって白髪が目立つようになる人もいます。

白髪は老化現象のひとつですが、若いうちに白髪になるとストレスのせいだと考えてしまう人も多いようです。
精神的に大きなショックを受けたことが原因で、一晩で一気に白髪になってしまった・・・というような話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
ですが、一夜にして黒髪が白髪になるなんていうことが本当にありえるのか、疑問ですよね。

そこで今回は、白髪の大きな原因とストレスの関係についてお話したいと思います!

 

 

どうして白髪になるの?

そもそも、黒かった髪がどうして白くなってしまうのか、白髪になるメカニズムからお伝えしますね。

髪の毛はもともと白く、毛根にあるメラニン色素によって黒くなっています。
メラニン色素が多ければ多いほど髪の毛の色は黒々と濃くなり、メラニン色素が少なくなれば髪の毛は白い状態のままになります。
メラニン色素は毛母細胞のメラノサイトによって生成されますが、このメラノサイトの働きが年齢とともに低下してしまうと、黒い色素がなくなって白髪になっていくというわけです。

 

白髪の大きな原因は?

白髪の大きな原因は加齢、すなわち体の老化です。
そのほか、若白髪の原因としては遺伝も大きな要素として考えられています。

加齢

白髪

これは先ほどもお話したように、加齢によってメラノサイトの働きが低下することによるものです。
現代の医学では、加齢による体の老化現象を完全に防ぐことはできないため、基本的に一度白くなった髪を黒く戻すことは不可能だと言われています。

遺伝

若いうちから白髪になっている人の原因として大きいのは、遺伝的要素です。
両親とも白髪が多い場合はもちろん、どちらか片方、または祖父母に白髪が多い場合も含まれます。
老化が早く進みやすい遺伝子を受け継いでいる場合、早い時期に白髪になってしまうことがあります。

 

 

白髪が生え始める年齢や量は、遺伝的な影響が強いので個人差がありますが、食生活や睡眠時間、紫外線などの生活習慣も白髪の発生に影響を与えます。

食生活

髪の毛はタンパク質で作られているので、栄養面でとくに重要なのはタンパク質ですが、それだけではなく、ミネラル、ビタミンをたっぷり含んだバランスの良い食生活を心がけることが大切です。
一般的に貧血の人は白髪の進行が早まる傾向があるので、鉄分の補給も有効になります。

睡眠時間

髪の毛は全身で一番高い場所にあるので、活動時はどうしても血流が悪くなりがち。
一方、睡眠時は頭頂部まで血流が行き届くので、白髪の進行を遅らせるためには質の良い睡眠をたっぷりとることが大切です。

紫外線

紫外線は肌にとって有害ですが、もちろん、毛根や頭皮にもダメージを与えています。
紫外線によって活性酸素が増えると、毛根や頭皮の皮脂が酸化して白髪になる時期や増加の進行が早まる原因になります。
夏場だけでなく、冬の紫外線も油断できないので、帽子をかぶって頭皮を守りましょう。

 

白髪とストレスの関係は?

ストレス

昼夜逆転や多忙など、ストレスの多い生活環境によって自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れて白髪の原因になることが分かってきました。
頭皮はストレスの影響を受けやすく、血行不良などが起こるとメラノサイトの減少に影響を与えるとも言われています。

 

一晩で一気に白髪になることはある?

苦労する=即白髪になる
というイメージが強いですが、これはあくまで結果論にすぎません。
髪の毛は作り出された時点ですでに死んでいる組織なので、伸びてしまった髪の毛が一晩で一気に白髪になるということはないからです。
ですが、これまで黒かった髪の毛の根元が過度のストレスによって突然白くなってしまうことはあります。
その場合、白い部分が伸びてくると、毛先のほうが黒くて根元のほうが白いというような感じになるでしょう。

 

一度見つけてしまうと気になって仕方がない白髪ですが、気にしすぎることで白髪が増えてしまう原因にも。
いつかは誰もが白髪になるので、前向きに白髪と向き合っていくことが大切です。

 

 

Return Top