しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

太陽光発電設置の調査・見積もりで押さえておくべき大事なポイント

太陽光発電設置の調査・見積もりで押さえておくべき大事なポイント

 

太陽光発電システムの設置を決めたら施工業者に調査と見積もりを依頼しなければなりませんが、このとき大事なポイントとしては、1社だけに依頼するのではなく、複数の業者に依頼をして比較検討を行うことです。
たくさんの業者に見積もりの依頼をするのは結構面倒で手間がかかることですが、複数の業者にまとめて見積もり依頼をすることができるサービスも無料で提供されているので、上手に活用して比較検討してみるといいかと思います。

 

 

太陽光発電システム設置までの8つの流れ

複数の業者に調査・見積もりを依頼する

複数の業者に太陽光発電システムの設置が可能かどうかの調査と見積もりを依頼します。

実際に現地を調査してもらう

  • 発電に十分な日照は得られるか?
  • ソーラーパネルが設置できる屋根面積はどのくらいあるか?
  • ソーラーパネルを設置するのに十分な屋根の強度があるか?
  • 屋根材はどんな種類のもので劣化などしていないか?
  • 家屋全体の強度は問題ないか?
  • 屋根に破損箇所や雨漏りはないか?
  • パワーコンディショナの設置位置や配線はどのようにするか?
  • 工事の安全性や作業条件に問題はないか?

以上のことを実際に屋根や建物を見てもらって確認します。

 

 

出してもらった見積書や提案書を比較検討する

複数の業者に調査や見積もりを依頼したので、最終的にはその中から工事を発注する1社を選ばなければなりません。
施工業者を選ぶポイントを4つ挙げますので参考にしてください。

ポイント①自分の家に最適な製品を提案してくれる

施工業者にもいろいろあって、1つのメーカーの製品だけを扱っている会社と複数のメーカーの製品を扱っている会社が存在します。
太陽光発電システムの肝となる太陽電池モジュールは、メーカーによって価格や性能が異なるのはもちろん、アフターメンテナンスがあるかどうかも異なってきます。
そのため、わたしたちのような知識のない素人が判断しようにもしきれない部分があるので、自分の家に最適な製品をいろいろな角度から考えてしっかりと提案してくれる業者を選びたいものです。

ポイント②しっかり現地調査をしてくれて見積もりやシミュレーションが正確である

提案した製品が本当に現地に適しているものかどうかの見積もりとシミュレーションを正確に出してくれる業者を選びましょう。
正確な見積もりとシミュレーションを出すというスキルは、施工業者によって実績の差やスキルの差が出る部分です。
この差を比較検討するためにも複数の業者に調査・見積もりを依頼することが必要になってきます。

ポイント③施工業者自身に施工体制がしっかり整っている

施工業者の中には、施工部門がないために工事をすべて外注に頼っているという業者もあります。
このような業者の場合、工事を監督管理できないため、設置工事そのものに技術面で不安が募るという事態に陥ってしまう可能性が高いです。
なので、施工業者自身にしっかりと施工部門が整っていて、あらゆるトラブルにもすぐに対応してもらえるような業者を選ぶようにすることが大切です。

ポイント④アフターフォローが万全でメンテナンスがしっかりしている

太陽光発電システムは寿命が長い製品なので、施工時だけではなく施工後のアフターフォローやメンテナンスも重要視しなければなりません。
施工業者によってそれらの体制はまちまちなので、何年後でも何十年後でも相談すればすぐに対応してもらえるような業者を選ぶ必要があります。

 

 

Return Top