しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

本みりんとみりん風調味料の違いは?料理によってどう使い分けるべき?

本みりんとみりん風調味料の違いは?料理によってどう使い分けるべき?

 

和食の煮物に欠かせない調味料と言えば“みりん”。
スーパーなどにみりんを買いに行くと、“本みりん”と“みりん風調味料”という2種類の表示で販売されていますよね。

本みりんと言うからにはこちらが本物のみりんで、みりん風調味料はみりんに似せた偽物のように感じられますが、本当のところはどうなんでしょう?
みりんを買うときにどちらにしたらいいか迷ってしまうことがあります。

そこで今回は、

  • 本みりんとみりん風調味料は一体何がどう違うのか?
  • 料理によって正しい使い分け方はあるのか?

調べてみたことをまとめます。

 

 

本みりんとは?

本みりんとは、一言でいうと酒類調味料のことで、蒸したもち米と米麹に焼酎またはアルコールを加えて糖化熟成させたものです。
アルコール分が約14%と高く、塩分が含まれていないのが特徴です。

 

みりん風調味料とは?

一方、みりん風調味料とは、本みりんに似せて作られた調味料で、米や米麹に糖類、酸味料、調味料などをブレンドしたもの。
本みりんのように焼酎やアルコールを加えて糖化熟成したわけではないので、アルコール分が1%未満と低く、塩分が含まれています

 

本みりんとみりん風調味料の違いをまとめると・・・

本みりんとみりん風調味料は原材料が違う

  • 本みりん→もち米、米麹、醸造アルコール
  • みりん風調味料→米、米麹、酸味料、調味料

本みりんとみりん風調味料は製法が違う

  • 本みりん→糖化熟成
  • みりん風調味料→ブレンド

本みりんとみりん風調味料はアルコール分が違う

  • 本みりん→約14%
  • みりん風調味料→1%未満

本みりんとみりん風調味料は塩分が違う

  • 本みりん→0%
  • みりん風調味料→1%未満

本みりんとみりん風調味料は開封後の保存方法が違う

  • 本みりん→冷暗所で90日
  • みりん風調味料→冷蔵庫で90日

 

 

本みりんとみりん風調味料の正しい使い分け方は?

本みりんとみりん風調味料では料理の味わいが少し変わりますが、基本的にはどちらを使ってもそれほど大きな違いというのはありません。

ですが、注意しなければならないのは、アルコール分
小さな子どもがいる家庭では、本みりんに含まれるアルコール分を加熱して飛ばさないと、アルコール分が高いだけに心配ですよね。

酢の物など、熱を通さない料理にみりんを使いたい場合は、アルコール分が1%未満と気にならないみりん風調味料にしておくと安心です。

アルコール分には生ものの臭みを消したり、煮崩れを防止したりする効果もあるので、こういった料理の場合は本みりんを使うようにするといいですね。

 

本みりんがないときにみりん風調味料で代用したい場合は?

生臭さが気になる煮物などでどうしても本みりんを使いたいのにみりん風調味料しかない場合は、みりん風調味料にプラスして清酒を加えるようにすると本みりんと同じような効果、味わいになるので、試してみてください。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top