しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

育乳に猫背は大敵!正しい姿勢でバストの土台をつくる!

育乳に猫背は大敵!正しい姿勢でバストの土台をつくる!

Woman with Mobile Phone / kohlmann.sascha

 

スマホが普及してきた影響なのか、最近は特に猫背の人が多いですよね。
でもこのスマホ姿勢、育乳にかなり悪影響なんですよ。

今回は、姿勢の悪さが与える育乳への影響について、詳しくみていきたいと思います。

 

 

バストが小さい人ほど姿勢が悪い!?

とくにバストが小さいことで悩んでいる人の場合、小さいバストを隠そうと猫背になってしまっているケースがよくあります。

「堂々と胸を張るのが恥ずかしくて・・・」
その気持ち、わたしもよーく分かりますよ!
でも、小さいバストを隠そうとして猫背になることで、さらにバストが小さくなってしまうことを知っていますか?

 

どうして猫背はバストに良くないの?

猫背の姿勢でいると、バストが小さく見えるだけでなく、大胸筋がだんだんと衰えていきます。
大胸筋はバスト全体の土台ともなる大事な筋肉。
ただでさえ使う機会の少ない大胸筋が猫背によってさらに衰えてしまうと、筋肉が弛緩することでバストが下がってハリがなくなったり崩れてきたりしてしまいます。

しかも、大胸筋が衰えることでバストを形成するのに必要な脂肪がつきにくくなってしまうんですね。
それどころか、脇や二の腕、背中に余分な脂肪がついてしまう原因にも。

そのほか、前かがみになることで血行やリンパの流れが悪くなって、バストの成長に必要な栄養がきちんと行き届かなくなってしまいます。

まさに猫背は育乳にとって大敵以外の何者でもないんです。

 

 

正しい姿勢は意識を変えることから!

正しい姿勢を保つためには、意識を変えるしかありません。
少しでも猫背になりかけたら、意識的に胸を張って正しい姿勢を心がけることが重要。
姿勢を正すのは慣れないうちは大変ですが、意識を持続させることでだんだんと習慣化していきます。

姿勢が崩れたことに気づく度に、背中の肩甲骨を内側に入れるように姿勢を正します。
肩甲骨を背中の中心に寄せた状態を保つことで、バストが本来あるべき正しい位置に収まるようになるんです。

バストが正しい位置でキープできれば、育乳に大切なバストの土台ができ、それまで脇や二の腕、背中など、外に流れていた脂肪がバストの土台に乗るようになってきます。
つまり、良い姿勢を保つことでバストの土台がしっかりできていないと、ついてほしいところに脂肪がつかなくなってしまうわけですね。

 

わたしもバストアップの実践を意識する前までは猫背気味で、イスに座るときも背もたれがないとツライ状態でしたが、改善しようと頑張ってみるとなんとかなるものです。
長時間背筋をピンと伸ばしているのはなかなかキツイものですが、耐えられる時間がだんだんと長くなってくるのが実感できるようになりますよ。

姿勢をちょっと正すだけでバストトップの位置が高くなって自然と大胸筋が鍛えられていくので、まずは正しい姿勢を意識することからやってみましょう!

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top