しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

ニキビは胃の不調が原因!?胃荒れを改善してニキビを治す方法

ニキビは胃の不調が原因!?胃荒れを改善してニキビを治す方法

 

「肌は内臓を映す鏡」と呼ばれているのは知っていますか?
肌と内臓は密接に関係していて、胃腸の調子が悪かったりするとそれが肌にも現れるという例えです。

とくに胃が弱くて荒れやすい人は、肌荒れもしやすく、ニキビができやすい状態になります。
いくらスキンケアに力を入れても、胃の不調が改善しなかったらニキビは繰り返し出現することになってしまいます。

そこで今回は、ニキビを治すために今から始めたい、胃の不調の改善方法についてお伝えします。

 

 

冷たい食べ物、摂り過ぎていませんか?

食事の前、とくに外食時などはそうですが、コップ1杯の冷たい水を飲む場合が多いかと思います。
飲食店では当たり前のように氷入りの冷たい水が出されますよね。

ですが、食事前の冷たい水は、胃の不調が原因でニキビができている人にはNG!
冷えがニキビに良くないということもありますが、何よりも消化酵素の働きが悪くなってしまうからです。

胃の消化酵素は、36度くらいの温度でもっとも働きやすくなっています。
なので、この環境にいきなり冷たい水が注がれてしまうと、消化酵素が薄まって消化が悪くなってしまうんですね。

水を飲むなら、できれば常温のものを食事の中で一緒に摂取することがポイント。
白湯などもおすすめです。
それから、食事には毎回必ず、味噌汁やスープなど、温かい飲み物を加えるようにします。

とにかく、内臓を冷やさないことがニキビの改善につながるということを理解してくださいね。

 

 

刺激物、摂り過ぎていませんか?

ニキビに刺激物が良くないことは知っている方も多いかもしれませんね。
コーヒーやカレー、香辛料の効いた韓国料理やスパイスの効いたエスニック料理などは、胃の内壁を荒らしてニキビの炎症を悪化させる可能性も。

これらの刺激物は新陳代謝を促進する作用もあるので、まるっきり良くないとは言えないものですが、胃が弱くてニキビができてしまう人の場合は避けるようにしたほうが無難でしょう。
刺激物はニキビの原因となる皮脂分泌も促進してしまうので、過剰に摂り過ぎてしまうことは避けたほうがいいですね。

 

胃腸などの内臓が冷えると、それが子宮の冷えにもつながって、いずれ更年期症状に悩まされたり、婦人科系の病気で苦しむことになってしまうことにもつながります。

ニキビができやすくて胃腸の調子が良くない人は、まずはニキビのことは差し置いて胃腸の改善に心がけると、「知らずのうちにニキビができなくなっていた!」なんてことになると思いますよ。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top