しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

コーヒーを飲むとニキビができる!?カフェインとニキビの因果関係は?

コーヒーを飲むとニキビができる!?カフェインとニキビの因果関係は?

 

朝に目覚めの1杯、そして家事や仕事の合間に1杯、コーヒーを飲む人は多いかもしれませんね。
ですが、ニキビに悩む人にとってコーヒーを飲むことはあまり良いこととは言えないんですよ。

今回は、コーヒーを飲むとニキビができるというのは本当なのか、コーヒーに含まれるカフェインとニキビの因果関係についてお話しします。

 

 

朝一番のコーヒーはニキビを悪化させる!

コーヒー好きの人の中には、夜寝るときにコーヒーメーカーにコーヒー豆をセットして、朝起きてから目覚めの1杯としてコーヒーを飲む人も多いようですね。
ですが、この習慣がニキビを悪化させてしまうことを知っていますか?

起き抜けの体はどんな人でも水不足状態。
なので、朝起きて一番に口にする水分は乾いた体へ一気に浸透します。
米をとぐときに最初に注いだ水を素早く流して米に吸わせないようにするのと同じように、朝一番に口にする水分は質の良い水でなければなりません。
ここでコーヒーを飲んでしまうと、コーヒーの成分が体中を一気に駆け巡ることになってしまうからです。

それから、カフェインが含まれているコーヒーは刺激物の一種。
刺激物を摂ると、皮脂分泌が促進されてしまったり、ニキビの炎症が悪化してしまう可能性があります。

コーヒーには胃腸の活動を活発化させる働きがあるので、空腹時に飲むと胃液で胃壁を荒らしてしまうことにも。
また、腸内の善玉菌にもダメージを与えてしまうことになります。

「肌は内臓を映す鏡」と言われるほど、胃腸の状態と肌荒れは密接に関係しています。
つまり、朝一番にコーヒーを飲む習慣で胃腸が荒れると、めぐりめぐってニキビという結果につながるということなんです。

 

 

コーヒー用のポーションクリームはニキビにNG!

コーヒーを飲むときはミルクの代用としてポーションタイプのクリームを使っている、こんな人も多いでしょう。
ですが、これはブラックコーヒーを飲む何倍もニキビに良くないんです。

なぜなら、コーヒー用のポーションクリームというのは、乳製品でもミルクでもなく、ただの植物性油脂だから。
質の悪い油に添加物を加えたものなんですね。
質の悪い油と添加物が肌に良くないことは説明するまでもありません。

 

コーヒーが飲みたいなら飲み方を工夫する!

コーヒーはニキビができる直接的な原因になるとは言わないまでも、胃腸を荒らして肌荒れを起こす原因となることは間違いありません。
さらに、コーヒーに加えるポーションクリームも肌に良くないことが分かったと思います。

ですが、「それでもコーヒーが飲みたい!」という場合、我慢してストレスをためてしまうよりは飲み方を工夫してみては?

たとえば、コーヒーを飲みたいときは、胃腸を荒らさないように食後に飲むとか、豆乳で割ってソイラテにするとか。
1日に何杯も飲んでいるような人の場合は、ティータイムの1杯だけに減らすなど、意識次第でいくらでも良い方向へもっていくことはできますよね。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top