しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

ニキビは遺伝?できやすい人はどんな肌質?大人ニキビが乾燥肌に多い理由

ニキビは遺伝?できやすい人はどんな肌質?大人ニキビが乾燥肌に多い理由

 

大人ニキビができる原因はいろいろあって複雑ですが、ニキビができるメカニズムは同じもの。
ニキビの直接的な原因は肌の上に存在している常在菌であることに変わりませんが、だとしたらニキビに悩まされる可能性は誰にでもあるということです。

ですが、実際にはニキビが全くできない人とできやすい人がいますよね。
これは一体どうしてなのでしょう?

今回は、

  • ニキビは遺伝なのか?
  • ニキビができやすい人の肌質はどんなタイプなのか?
  • 大人ニキビはなぜ乾燥肌の人に多いのか?

ということを解説したいと思います。

 

 

ニキビは遺伝的なもの?

こう言ってしまっては元も子もないのですが、肌質というのは遺伝的な要素がとても強いもの。
両親のどちらかがニキビで悩んだ経験がある場合、その子どももニキビで悩んでしまうという確率がとても高くなるようです。

でも、だからと言って一生ニキビに悩まされるわけではありません。
適切なケアと生活習慣の改善でニキビは必ず良くなるので、遺伝だからと言ってあきらめないでくださいね。

 

ニキビができやすい人にはどんな肌質が多い?

ニキビができやすい人の肌質として、すでに常識ともなっている肌のタイプは脂性肌
皮脂の分泌が激しい、いわゆるオイリー肌と呼ばれるタイプの肌質ですね。

オイリー肌の人は皮脂量が多すぎるために毛穴からうまく排出しきれなかったり、常在菌のエサとなる皮脂が多いことで炎症を起こしやすくなります。

思春期のときにニキビができやすくなるのは、この時期、肌質がオイリー肌に傾くことが原因。
思春期にホルモンの働きが活性化すると、発毛が促進され、それと同時に毛穴も発達してきます。
皮脂の分泌が多くなって顔が脂っぽくなるのはホルモンのせいです。

こういう思春期の経験から、皮脂の分泌のピークは思春期だと思われている人も多いですが、実際のところは違います。
実は25歳前後が皮脂分泌の一番多い時期なんですよ。

オイリー肌にニキビができやすいのだとしたら、思春期よりもむしろ25歳前後のほうがニキビができやすいはずですが、思春期のほうがニキビに悩まされる人の割合が多いという事実があります。
それはどうしてなのでしょう?

 

毛穴が詰まらなければオイリー肌でもニキビはできない!

思春期の場合、皮脂がどんどん増えてくるのに対して毛穴の発達がまだ追いつかず、皮脂が出口を失って毛穴に詰まりやすくなります。
その一方で、大人ニキビの場合はもうすでに毛穴が成熟しているので、皮脂の分泌がピークでも思春期よりは毛穴が詰まりにくいというわけです。

オイリー肌は確かにニキビができやすいと言える肌質ですが、オイリー肌でも毛穴の詰まりがなく、皮脂がスムーズに排出されていればニキビになりにくいということですね。

 

大人ニキビが乾燥肌に多いのはなぜ?

オイリー肌にニキビができやすいということは理解しやすいと思いますが、乾燥肌なのにニキビができやすい・・・と悩んでいる人も多いでしょう。
でも実は、大人ニキビは乾燥肌に多いんですよ。

これは一体どうしてかと言うと、これもまたニキビができるメカニズムとしては同じで、分泌される皮脂の量に対して毛穴が小さいことで、毛穴が皮脂詰まりを起こすためです。

男性の場合、分泌される皮脂の量は女性の2.5倍とも言われていますが、だからと言ってすべての男性にニキビができるかと言ったらそうではないですよね。
男性の毛穴のサイズは女性よりも大きいので、皮脂分泌が多くても排出がスムーズであればニキビはできません。

つまり、皮脂の分泌と毛穴のバランスがすべてのカギを握っているというわけです。

 

毛穴が小さい部分ほど大人ニキビができやすい!

皮脂腺の数は、多い部分と少ない部分があります。

Tゾーンと呼ばれる、おでこから鼻筋にかけての部分は、皮脂腺が多い部分なので皮脂の分泌も激しい場所。
脂取り紙の使用頻度が高いのも、このTゾーンだったりしますよね。

ですが、この部分は小さなニキビができることはあっても、ひどいニキビが集中してしまうことはほとんどありません。
むしろ、大人ニキビの場合は頬やあご、フェイスラインなどにできやすい傾向があります。

皮脂分泌がさかんなTゾーンには大人ニキビができにくく、皮脂分泌がさかんではないフェイスラインに大人ニキビができやすい・・・
なんだかつじつまが合わないような気がすると思いますが、これも先ほどの男性の毛穴の例と同じ理屈です。

皮脂の分泌がさかんな部分の毛穴はどんどん広がって大きくなっていきます。
一方、皮脂の分泌が少ない部分は毛穴も広がらず小さいまま。
この状態で一時的にストレス活性酸素ホルモンバランスの乱れなどが生じると、あっという間に毛穴が皮脂詰まりを起こして大人ニキビが発生してしまうんですね。

 

毛穴の詰まりを予防することが大人ニキビ予防につながる!

大人ニキビができる直接的な原因は、すべて毛穴の詰まりにあります。
間接的な原因としてはほかにもいろいろな原因が複雑に絡んできますが、直接的な原因は毛穴に皮脂が詰まってしまうことにあるんです。

皮脂の量が多い、オイリー肌というだけでは大人ニキビは発生せず、むしろ乾燥肌であっても毛穴の小さい部分に皮脂詰まりを起こすと発生します。
そして、毛穴が詰まった結果、常在菌が繁殖して炎症。
治りにくい赤ニキビとなってしまうわけです。

大人ニキビを予防するためには、毛穴の詰まりを予防することが必要。
大事なポイントなのでしっかり理解してくださいね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top