しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

ニキビの原因菌はアクネ菌だけじゃない!?アクネ菌とニキビの関係

ニキビの原因菌はアクネ菌だけじゃない!?アクネ菌とニキビの関係

 

ニキビの状態で一番悩むのは、やっぱり炎症を起こして赤く腫れている赤ニキビ
赤ニキビの炎症の原因は、毛穴の中にいる細菌であることは広く知られていますが、ニキビの細菌と聞いて思い浮かべるのはアクネ菌かもしれませんね。

ニキビ用化粧品の中には、商品名に“アクネ”と付いているものがあったり、効能として“アクネ菌を殺菌する”と表記されているものがあったりします。
そのせいか、ニキビの原因菌=アクネ菌というイメージが定着してしまったわけですが、実はアクネ菌が必ずしもニキビに悩むすべての人の原因菌になるとは限らないんですよ。

 

 

ニキビに悩む人の中にはアクネ菌が存在していない人もいる!?

これはアクネ菌がニキビの原因菌だと信じ切ってしまっている人には驚きの事実かもしれませんが、ひどいニキビに悩む人の肌を検査したところ、アクネ菌がみられる人とみられない人の両方が存在していることが分かったんですね。

ニキビの原因菌がアクネ菌であるとしたら、アクネ菌がいない人にニキビができるわけがありません。
ということは、アクネ菌のほかにニキビの原因となる菌が存在しているということになります。

 

肌の上にはさまざまな常在菌がいる

アクネ菌は常在菌のひとつですが、わたしたちの肌の上にはアクネ菌以外にもさまざまな常在菌が存在しています。
”と聞くと、体に悪さをする良くない菌をイメージしがちですが、腸内環境を良くすることで知られているような善玉菌も健康維持には必要不可欠なものですよね。
アクネ菌も同じで、肌の上のPH値を調整してくれる働きがあるなど、必ずしも悪い菌とは言えないんです。

常在菌は適度に存在している分には健康に影響を及ぼすことはありませんが、何かの作用で過剰に増え過ぎてしまうと炎症を引き起こす原因となってしまうのです。

では、どうしてニキビの炎症を引き起こす常在菌が増えすぎてしまうのかというと、これはすべて過剰に分泌される皮脂が原因です。
アクネ菌に限らず、常在菌の多くは皮脂を栄養源として増えるので、毛穴に存在するあらゆる常在菌がニキビの原因菌となるわけです。

 

 

抗生物質の使い過ぎも菌を繁殖させる原因!?

ニキビの炎症を起こすのは、アクネ菌だけではなく、あらゆる常在菌だということが分かりました。
アクネ菌のほかにマセラチア菌というカビの菌や顔ダニ・ニキビダニなどが影響を及ぼします。

それから、常在菌のほかにもMRSAというブドウ球菌もニキビの原因菌となる場合があるとのこと。
常在菌以外の菌が繁殖する原因として、抗生物質の使い過ぎも指摘されているようです。

 

アクネケアの化粧品に期待しすぎないで!

アクネ菌の殺菌効果をうたっているニキビ用化粧品はたくさん市販されていますが、アクネ菌だけに作用してもほかの菌が存在している以上、ニキビに即効性はないというのが現実です。

そもそもニキビ用化粧品は、あくまでも化粧品であって医薬品ではありません。
なので、症状がひどいニキビであればあるほど決定的な効果は得られないんですね。

アクネケアの化粧品に過剰に期待しても、思ったような結果が得られる保証はないということを知っておいてください。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top