しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

浴衣の着方、襟の合わせは左右どちらが前?男性と女性で違いはある?

浴衣の着方、襟の合わせは左右どちらが前?男性と女性で違いはある?

 

夏に恒例の花火大会や夏祭り、そして温泉旅館で着ることになる浴衣
浴衣を着るときになって毎回思うのが、「左右どちらを前にして着ればいいんだっけ?」ということ。
浴衣ってそんなに頻繁に着るものじゃないので、着付けをする直前になって調べては、そしてしばらく経つと忘れ・・・の繰り返しになってしまうんです。

そこで今回は、つい忘れてしまいがちな浴衣の着方について、右と左のどちらを前にして着るのが正しいのか、そして、浴衣の着方に男性と女性で違いはあるのかについて徹底的に調べてみることにしました。

 

 

浴衣の着方、襟の合わせは左右どちらを前にする?

浴衣をはおって襟を合わせるとき、左右どちらを前にするのが正しいのか結論を言うと、になります。
浴衣を着る自分から見て左側が上になるように、最初に右側を合わせてその上に左側を重ねるということですね。

和装に慣れていない人の場合、左側が右側の上にきているので「左前」というふうに覚えてしまいがちなんですが、実はこの浴衣の着方は「右前」と呼ばれているんです。
もちろん、この場合も左側が右側の上にきていること自体は同じですが、呼び方が違うということなんですね。

ここで、左側が右側の前にきているのにどうして「左前」ではなく「右前」と呼ぶのか、疑問に思いますよね。

浴衣の着方で「前」というのは、浴衣の襟を合わせるときの順番を指しているからなんです。
つまり、浴衣を着るとき、最初(前)に合わせるのが右側になるため、「右前」と呼ばれているわけですね。

ちなみに正しい浴衣の着方とは逆に、最初に左側を合わせてその上に右側を重ねるという「左前」の状態で着てしまうと、「死人前」とか「死人合わせ」とか言われる縁起の悪い着方になってしまうので気をつけましょう。
亡くなった人の白装束は「左前」になっているからですね。

 

 

浴衣の着方、男性と女性で違いはある?

シャツやジャケットなど、洋服の場合、男性と女性でボタンの付き方が違っていますよね。
女性の場合は右側が上になるようにボタンが付いていて、男性の場合は左側が上になるようにボタンが付いています。

こんな感じで洋服だと男性と女性で襟の合わせ方が逆になっているので、浴衣の着付けもきっと男女で逆なんだろうな~と思っていましたが、これがなんと大間違い!
浴衣の着方は男性も女性も全く同じで「右前」なんです。

男性は洋服も浴衣も「右前」で、女性は洋服と浴衣で着方が逆になるというわけですね。

浴衣 着方 男性 女性

もうこれで忘れない!浴衣の着方の覚え方

浴衣の着方で左右のどちらを前にしたらいいのか、もういい加減忘れたくはないので、浴衣の着方の覚え方をいくつかピックアップしておこうと思います。

浴衣の着方の覚え方その①ボタン付きの洋服を見てみる

男性の場合は、ボタンの付いている洋服の左側が下になるので、浴衣も同じように着ればOK。
女性の場合は、洋服と逆の着方になることを覚えておけばいいですね。

 

浴衣の着方の覚え方その②右手を懐に差し入れやすくなっている

というのは胸のあたりの内側の部分を指しますが、この懐に利き手である右手が差し込みやすいように浴衣の襟を合わせると覚えておけば分かりやすいと思います。
左利きの方の場合は、懐に利き手が差し込みにくくなりますが・・・

 

いくら洋服がメインの時代になったとは言っても、日本人なら浴衣ぐらい着方を間違えずにチャチャッと着付けたいもの。
「右前」という言葉の意味を誤解してしまいがちですが、右側を最初(前)に合わせるという着方を頭にたたきこんで、ぜひ正しく浴衣を着こなしたいものですね。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top