しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

こんなパスワードは危険!安全で覚えやすいパスワードの作成法と注意点

こんなパスワードは危険!安全で覚えやすいパスワードの作成法と注意点

 

インターネットサービスがわたしたちの生活に浸透してきた今、パスワードなどの個人情報管理がますます重要になってきました。
あなたもインターネットサービスを利用するときパスワードを作成した経験があるかと思いますが、あなたのパスワードは本当に安全ですか?

 

 

あなたはこんなパスワードを作成していない?

あなたはパスワードを作成するとき、覚えやすいからと言って推測可能安易な文字列で作成していませんか?
それから、複数のインターネットサービスで同じパスワードを使い回していませんか?

以下は、あるパスワード会社による危険なパスワードワーストランキング25です。
中にはあまりにも危険すぎるパスワードも含まれていますが、裏を実返せば覚えやすくて推測しやすいパスワードということにもなります。
ちょっと信じがたいですが、これらのパスワードは実際に利用されている人気のパスワードでもあるんです。

 

2014年 危険なパスワードワーストランキング25

1. 123456
2. password
3. 12345678
4. qwerty
5. abc123
6. 123456789
7. 111111
8. 1234567
9. iloveyou
10. adobe123
11. 123123
12. admin
13. 1234567890
14. letmein
15. photoshop
16. 1234
17. monkey
18. shadow
19. sunshine
20. 12345
21. password1
22. princess
23. azerty
24. trustno1
25. 000000

 

パスワードを安易に作成・利用しているとどうなるのか?

パスワードを安易に作成・利用していると、サイバー犯罪者にパスワードを盗まれてしまう危険性が高くなります。
パスワードが盗まれてしまうということは、本人になりすましてあらゆるインターネットサービスを利用できてしまうということになり、登録されている氏名、住所、クレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまうことにもつながります。

以上のような事態にならないようにするためには、パスワード作成時につぎのようなことを注意しておく必要があります。

 

 

パスワードを作成するときにはこんなことに注意!

名前や誕生日など推測可能な情報から作成しない!

覚えやすいからという安易な理由で、自分や家族の名前、ペットの名前、電話番号や郵便番号、生年月日、社員コードなどからパスワードを作成するのは危険です。
覚えやすいということは他人から推察されやすいということでもあるんですね。

 

誰にでも分かりやすい安易な文字列にしない!

2014年 危険なパスワードワーストランキング25にランクインしているような、同じ文字の繰り返しや分かりやすい並びの文字列、短すぎる文字列、辞書に載っているような一般的な英単語をパスワードとして使うのは避けるようにします。

つぎは、他人に推測されにくくツールなどでも割り出しにくい、安全で覚えやすいパスワードを作成するにはどうしたらいいのか、具体的に説明していきたいと思います。

 

知っておくべき!安全で覚えやすいパスワードの作成法

8文字以上で英数字と記号がランダムに混在しているもの

まず、文字数は短すぎると簡単に割り出されてしまうので8文字以上が望ましいです。
そして、アルファベットだけとか数字だけとかいうよりもアルファベットと数字をランダムに混ぜたもののほうが安全性が高くなります。

 

関係のない単語を羅列したり自分なりのアルゴリズムで並び順を変えたもの

名前や誕生日などの個人情報とは全く関係のない単語を複数羅列したり、自分なりの法則で並び順を変えたり間に数字や記号を挟むようにします。

つぎは、作成したパスワードを正しく管理する方法についてお話しします。

 

パスワードの正しい管理法を知ってより安全にインターネットを利用する!

複数のインターネットサービスで同じパスワードを使用しない!

パスワードを1つ作成したら、それを複数のインターネットサービスで使い回している方が多いのが現状です。
そのような場合は、万が一パスワードが盗まれてしまったときに被害が大きくなる可能性があるのでとても危険です。
パスワードはインターネットサービスごとに違うものを設定しておくのがサイバー被害に遭わないようにするコツと言えます。

 

同じパスワードを長期間使用しないで定期的に変更する!

いくら安全で覚えやすいパスワードを作成できたとしても、長期間同じパスワードを使用し続けるのは危険です。
面倒でも、期間を決めて定期的に変更するなど対処するとより安全です。

 

以上、インターネットサービスの利用に必要不可欠なパスワードについて安全で覚えやすい作成法と注意点をお話してきました。
インターネットサービスを安全・快適に利用していくためにもぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top