しゅぶろぐ~主婦ブログ~

主婦ならではの視点でいろいろと気になることを綴っていきます。

Bookmarked Entry

1歳から与えたい!積み木の色、おすすめは白木?カラフル?

1歳から与えたい!積み木の色、おすすめは白木?カラフル?

 

赤ちゃん時代を卒業しつつある子どもにまず与えたい基本のおもちゃ、積み木
1歳の誕生日プレゼントとしても定番で、子どものいる家庭にはとりあえず1セットはあるという代表的なおもちゃではないでしょうか。

ひと口に積み木と言っても、最近ではカラフルなものから形のユニークなものまで、いろいろなタイプの積み木が登場していますよね。
たくさんの積み木があること自体は選択肢が広がってうれしいことではありますが、選ぶ親にとっては選択肢がありすぎて「一体どれを選んだらいいのか分からない・・・」ということにも。

とくに悩むのが積み木のについて。
無塗装の白木のほかにさまざまな色で塗装された積み木、どちらがいいのか迷ってしまいませんか?
そこで今回は、積み木の色は白木とカラフルのどちらがおすすめなのか、調べたことをまとめてみたいと思います。

 

 

はじめて選ぶファースト積み木にはやっぱり白木

積み木遊びの一番の特徴とも言えるのは、“見立て遊び”ができるということ。
見立て遊びとは、積み上げたり組み合わせたりした積み木を何かに見立てて遊ぶことです。
細長い積み木を横に倒しておいたものをバスや電車に見立てたり、平らな積み木をおうちの人が持ち歩いているスマホに見立てたり・・・
単純な形だからこそ、子どもの想像力が働きやすく、自由な発想でいろいろなものを作り上げていくことができるんですね。
この見立て遊びは早い子どもでは1歳過ぎからできるようになるそうなんですが、ここで大事なのが色によって発想を制限してしまわないこと。

どういうことかと言うと、例えば新幹線はやぶさのような緑色の長い電車を作りたいと思ったとき、緑色の積み木が途中で足りなくなってしまったら電車の長さはそこでストップしてしまいますよね。
そうなると、2両編成ぐらいの短い電車になってしまうわけです(汗)
ですが、これが色の付いていない白木の積み木であれば、自分でイメージを作り上げながらどんどん長くつなげていくことができるんです。

このように、白木の積み木には発想の邪魔にならないというメリットがあります。
想像力を広げるという意味では、色付きのカラフルな積み木よりも白木の積み木のほうがいいんですね。
白木の積み木はファースト積み木におすすめです。

 

カラフルな積み木はセカンド積み木としておすすめ

では、カラフルな積み木は発想を制限してしまうので良くないのかと言うと、必ずしもそうとは言えません。
カラフルな積み木にもそれなりの良さというものがあって、白木だけでは表現できない美しさを感じ取ることができます。
同じ色でまとめることで色を覚えたり、色を組み合わせてパターン模様を作ったりと、白木の積み木だけではできない遊び方ができるんですね。
なので、カラフルな積み木は白木の積み木を持っている上で追加して与えるという、セカンド積み木としておすすめできます。

 

 

白木の積み木、おすすめベスト3

※順位は付けていませんので参考までに。

Recommend!童具館のWAKU-BLOCK

積み木 WAKU-BLOCK

WAKU-BLOCKは表面がツルツルしていて思わずほおずりしたくなるほど美しい積み木。
ピースの基尺がそろっているので、ピースをいくつか重ねたときに必ず同じ高さや長さが作れるように計算されているのがポイントです。
さまざまな大きさや形があるので、子どもの年齢に合わせて1箱ずつ買い足していくのがおすすめです。

⇒童具館のWAKU-BLOCK一覧はこちら

 

Recommend!HABA社のグランドセット

積み木と言えば立方体や直方体が基本の形ですが、そのほかにも円柱やエックス字型、大小の三角など、いろいろな形の積み木がたっぷり入っています。
HABA社の積み木には、これ以外にもさまざまな積み木セットがそろっているので、お好みに応じて必要なセットを買い増ししていけるのがうれしいですね。

⇒HABA社のグランドセットはこちら

 

Recommend!ニチガンオリジナル社のサウンドブロックス

サウンドブロックと言うだけあって、音も楽しめるのが魅力の積み木です。
積み木の中には形の異なるポリスチレン素材のビーズが入っていて、振ると形によって違う音がします。
積み木の基尺自体は一般的な積み木よりも大きめですが、その見た目と裏腹に驚くほど軽いので、小さな子どもでも楽に音を出すことができますよ。
円柱積み木の上部にへこみがあって、球体積み木を乗せられるようになっているのも面白いです。

⇒ニチガンオリジナル社のサウンドブロックスはこちら

 

カラフルな積み木、おすすめベスト3

※順位は付けていませんので参考までに。

Recommend!ジーナ社のベビーキューブ

6色の立方体積み木が2個ずつ、計12個入っているセットです。
この積み木の一番の特徴は、積み木の中に木片や鈴などが入っていて、振ると色ごとに違う音がするということ。
色当て遊びはもちろん、音当て遊びなどもできるので遊びのバリエーションが広がります。
同じサイズの白木の積み木もあるので、ファースト積み木、セカンド積み木と組み合わせて遊ぶことができますね。

⇒ジーナ社のベビーキューブはこちら

 

Recommend!ネフ社のリグノ/ネフスピール

積み木と言えばネフ社!というぐらい、世界的に有名なスイスの積み木。
リグノは立方体積み木の中央に穴があいていて、そこに円柱積み木がすっぽりと収まっています。
穴に入れたり出したりするだけでも楽しめるので、小さな子どもにもおすすめです。
それから、ネフスピールはちょうちょのような形をしている積み木。
一見、積むのが難しそうに見えますが、うまい具合に切り込みが入っているので積んだときに収まりがよく安定感があります。
リグノとネフスピールは組み合わせて遊ぶことができるので、親子で楽しみたい積み木ですね。

⇒ネフ社のリグノはこちら
⇒ネフ社のネフスピールはこちら

 

Recommend!レシオ社のトーテム

凸凹を組み合わせたようなユニークな形の積み木で、そのまま積み重ねることはもちろん、斜めに積み上げていっても安定感があります。
ブロックタイプの積み木という感覚で思いがけない積み方ができるので、意外性のある作品ができあがりますよ。

⇒レシオ社のトーテムはこちら

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top